2017年 投資振り返り③

2017年に終わった取引がまだ残っていたので、記録。

デンソー

取引日   単価 数量 金額
2016/01/29 株式現物買 5000 100 500000
2016/04/18 株式現物買 4087 25 102175
2016/11/22 株式現物売 4839 25 120975
2017/06/19 株式現物買 4630 21 97230
2017/08/14 株式現物売 5271 21 110691
2017/11/06 株式現物売 6374 100 637400

f:id:kent_s:20180317102737p:plain

 

5000円で買った瞬間に暴落。その後4000円位でS株でナンピンするもさらに暴落。最安値で3500円まで下がった。

この頃は自動車業界の業績が軒並み悪かったのと、電気自動車への対応遅れが日本メーカーで顕著で、テスラの台頭もあったことも不安材料になっていたと思う。

ただデンソーに関しては、もともとの財務状況が極めて良かったことと、電動化も含めた技術水準の高さを認識していたので悲観することなく、損切することなく、持ち続けた。2016年の後半、2017年の後半で大きく上昇。

トータルリターンは24%。年率で17.6%となる。目標年率10%を余裕でクリア。自分を信じて良かった。


富士フイルム

取引日   数量 単価 金額
2017/07/03 株式現物買 25 4033 100825
2017/08/14 株式現物買 25 3951 98775
2017/09/04 株式現物売 25 4300 107500
2017/12/04 株式現物売 25 4642 116050

f:id:kent_s:20180317110937p:plain

 

こちらは打って変わって短期間の投資となった。買い始めたのが2017/7。この頃に子会社の粉飾決算が発覚。東芝問題も冷めやらぬ中だったので、失望売りがじわじわとあった。

しかし、東芝と違ったのは富士フイルムの財務健全性が極めて良好だったこと。キャッシュフローからも粉飾の影響は小さいと感じられ、投資を決断。一時は下げに転じたものの、地合いの良さもあり株価は短期で順調に上昇した。

トータルリターンは12%。年率では60%と驚異的な数字。短期だとやはり数字はとても良くなる。こういう投資ばかりなら、資産もすぐに増えていくのだが、なかなか思い通りとはいかず、難しい。