富士フイルム キャッシュフロー分析

今回は富士フイルムホールディングスの分析です。

 

この会社の最近のニュースは、米子会社富士ゼロックスでの粉飾決算が挙げられます。500億円規模だったかと思います。粉飾と聞くと、粉飾発覚から、奈落の底まで落ちていった東芝という会社を思い浮かべますが、東芝は粉飾発覚以前からキャッシュフローは火の車で、数字をよく見せるために粉飾をするしかなかったというのが実情です。それに対して富士フイルムはどうなのかが注目ですね。はたして、東芝のように最初は千億に満たなかったのが、あれよあれよという間に一兆円規模の損失まで、まるでサイヤ人の戦闘力のように膨れ上がっていくのかどうか。

 

 

東芝といえば、東芝は粉飾発覚直後、財務改善のために将来有望と言われていた東芝メディカルを売却するのですが、買収に手を挙げたのがキヤノン富士フイルムでした。最終的にキヤノンが勝ったのですが、金額で競り勝ったというものではありませんでした。


2015年当初、東芝は一刻も早く金が欲しかった。理由は2015年3月末時点で、米原発で数千億規模の巨額の減損をしなければならず、このままでは債務超過になってしまうから。しかし、同業他社への売却は規制当局の審査に時間がかかるため、三月末には到底入札を終えられないことも分かっていました。

そこでキヤノンは第三の会社を立ち上げ、そこに東芝メディカルを買わせるという手法をとることになりました。第三の会社とはいえ、キヤノンとくっついたところですから、規制当局的には真っ黒なんですが、何故か東芝はこれを承認。実際売却後も大きな問題が起きていません。
おそらく東芝キヤノンが裏で手を引いていたのでしょう。もともと東芝キヤノンは技術提携でも経営者同士のつながりという意味でもかなり密接につながっており、それゆえの連携プレーだったんではないかと思います。


しかし、この動きに待ったをかけたのが富士フイルムでした。納得いかない、と。おそらく、自分たちは金額で勝っていたんでしょうね。待ったをかけたところでどうしようもなかったんですが、とにかく噛みついていました。この辺の経緯が以下の記事です。
http://www.sankei.com/premium/news/160720/prm1607200001-n1.html
私はこの流れを覚えていたので、私は富士フイルム粉飾決算東芝キヤノン連合のやり返しだと思うんですよね。自分たちのやることに異を唱えるものは許さない、という。東芝の背後にある原発村の人たちの思考からしてもやり兼ねないと思います。
しかし、それにしても東芝東芝メディカル売却時には真っ黒いスキームまで使って避けたかった債務超過に翌年になって陥るとは。残念過ぎます。

さて、富士フイルムの話に戻ると、ここ10年間のキャッシュフローの状況が以下です。

f:id:kent_s:20170702105444p:plain

非常に優秀。純利益以上の現金を創出することに成功しています。粉飾でキャッシュフローはほとんど訂正されないということを考えると、イメージが悪化した今が買いなのではと思っています。
これはスズキのパターンを想起させますね。あの会社も燃費不正(高燃費を低燃費と言うという珍しいパターン)で著しく株が下がったのですが、今はどの自動車会社よりも高い株価をつけてますからね。近い例でいえば、オリンパスとかもそうか。あそこも粉飾で大きく株を下げたにも拘わらず、現在の業績は絶好調。さて、仕込んでおきますか。