ザインエレクトロニクスのキャッシュフロー分析

今回のキャッシュフロー分析はザインエレクトロニクスです。この企業は、日本で初めて成功した半導体ベンチャーと言われております。

ザインの半導体ビジネスの特徴の1つは工場を持たず、製造は台湾の企業に完全に委託していることです。自社では回路設計に特化しており、こうすることで工場経営による重い固定費負担を回避し、資本の弱いベンチャーでもビジネスとして成立させることに成功しました。いわゆるファブレスメーカーというものですね。今では半導体を手がける多くの会社がファブレスになっているのですが、この会社が創業した当時はとても珍しいものでした。

では初めに2000年12月期から現在にかけてのキャッシュフロー計算書をまとめたものを下表に示します。

f:id:kent_s:20160110114845p:plain

累積のCFを見ると営業CFが+104億円に対し投資CFが-32億円で、差し引き72億円となっています。2014年の年間売り上げ高が37億円程度なので、かなり現金を生み出す能力は高いです。

しかし、年ごとの営業CFは-4億円から24億円まで非常に大きくばらついています。この会社の収益は、めちゃくちゃ不安定だということですね。投資CFも-21億円から16億円とこちらもぱらついています。投資CFは有価証券の売買により大きく変動しており、一見すると資金繰りに常に難儀しているように見えるかも知れませんが、後述の通り、実は違います。

営業CFから投資CFを差し引いた、正味の現金の蓄積を2000年12月期を基準にまとめたグラフを下図に示します。

f:id:kent_s:20160111134504p:plain

キャッシュフローを表にまとめただけでは見えてこなかった傾向がはっきり見て取れます。4年に一度に、大きく上下動することがありますが、着実に現金を稼いでいることが分かります。営業CFのばらつきから考えるとあり得ないくらい美しいグラフですね。ザインは現金を有価証券という形で多めに持ちつつ、不安定な営業CFを補償しているものと思われます。

半導体ビジネスはキラーアプリケーションの登場した時に大きく需要が増加し、各ベンダーが生産を増やし、数年後、ブームが落ち着いた頃に供給過剰になる、というサイクルを何度も繰り返しています。いわゆるシリコンサイクルです。ザインはこのような激しい波を意識し、稼いだ現金を不良資産化のリスクのある資産にせず、換金性の高い有価証券でやり繰りしているのでしょうね。このような高等な経営ができる会社が存在するとは、正直びっくりしました。