安保法制の成立に関して

昨今の安保法制成立に関して思うところを書いておこうと思う。結論を先に述べると、私は反対の立場を取っている。

その理由であるが、シンプルに違憲であり、憲法を破壊するということに尽きる。憲法は日本人が日本で活動するに当たって最低限のルールを定めた物であって、これが守られないと日本では何を基準に物を考えればいいか分からなくなる。

一度ルールを破れば、二度目以降にルールを破るのは簡単である。時の政権が都合の良いように解釈をすることによって、今般の安保法制はどんどん軍国的になっていくだろう。理由は簡単。国際情勢が日本の平和主義を許さないからである。今回の安保法制と同じ理屈で審議が始まるだろう。

ルールを破ることが完全にいけないとは思わない。ルールを破ることで災いを避けられた例は過去にいくつもあるだろう。しかし、仮に憲法を破った場合には、その直後に完全に元の秩序に復元できねばならない。今回の安保法制は廃案にするしか復元する手段がないのである。