2017 トレード振り返り ②

前回の続き。今年は結構売買したので、まだ取引がある。 ザインエレクトロニクス JR東海 ザインエレクトロニクス 2017/1/5に1075円で買い。同6/14に1184円で売り。リターンは10.1%. 投資期間は5.3ヶ月なので、年率にして22.9%. これもまずまずの成績。 買う…

2017 トレード 振り返り

2017年ももうすぐ終わり。今年中にクローズしたトレードを振り返ってみたい。これまで、振り返りは一切やったことがなかった。が、改めて見てみると勿体無いトレードが多く、得るものが多かった。 京セラ 日本航空(JAL) 阪急阪神ホールディングス 総括 京セ…

SUBARUでも不正検査!

kent-s.hatenablog.com 前回、日産が無資格検査で叩かれて、ざまあみろと書いた僕ですが、なんとスバルも同様の無資格検査をしていたことが発覚。スバルのことは、超優良企業とみていたので、本当に驚いた。書こう、書こうと思ってなかなか書けず、今更感の…

日産死亡

www.yomiuri.co.jp やっぱりかという感じ。 以前日産のキャッシュフロー分析をした時に、日産は常にキャッシュフローが赤字でした。また営業利益とネットキャッシュのアンバランス加減が強烈で、粉飾の疑いもあると思ってました。 kent-s.hatenablog.com 資…

wikiの募金募集が邪魔な件

wikipediaの寄付募集について敢えて言いたい。邪魔だと‥。長年、お世話になってるだけに、wikipediaのことは言いたくても言えないんすよね。僕を含めた日本人は。ちょっとした用語を調べるのに重宝しますし、これ見てレポートを書く大学生もいるでしょう。ま…

富士フイルム キャッシュフロー分析

今回は富士フイルムホールディングスの分析です。 この会社の最近のニュースは、米子会社富士ゼロックスでの粉飾決算が挙げられます。500億円規模だったかと思います。粉飾と聞くと、粉飾発覚から、奈落の底まで落ちていった東芝という会社を思い浮かべます…

自動車メーカー6社のキャッシュフロー分析

随分日が開いてしまいましたが、キャッシュフロー分析を再開します。 昨今、自動車メーカーの業績が低迷しているようで。要因は北米市場と言われているんですが、正直よく分からないです。販売奨励金が収益を圧迫しているということでしょうか。 とにもかく…

サンマルクのキャッシュフロー分析

年明けから日経平均は大暴落。しかし、株は周りが血の海になり、阿鼻叫喚が聞こえる時こそ買い時です。という訳で前々から気になっていたサンマルクの有価証券報告書を読み、キャッシュフローを分析しました。サンマルクは言わずと知れたコーヒーチェーン店…

日産自動車のキャッシュフロー分析

今回のキャッシュフロー分析は日産自動車です。カルロスゴーンが社長をやっていることで有名な会社です。私が小学生くらいの頃にゴーンが乗り込んで、当時の日本人からしたら黒船のごとく悪く言われましたが、さすが世界的な経営者と言うべきかすぐに業績を…

ルネサスエレクトロニクスのキャッシュフロー分析

今回のキャッシュフロー分析はルネサスエレクトロニクスです。この会社は最初、日立と富士通の半導体部門がくっついてルネサステクノロジーができ、その後、NECエレクトロニクスがくっついてルネサスエレクトロニクスとなりました。社名には総合家電の名前は…

京セラのキャッシュフロー分析

今回は京セラのキャッシュフローを分析します。この会社は伝説の経営者、稲盛和夫が創業した初めての会社です。稲盛和夫と言えば、京セラの他、KDDIを成功させ、JALの再建も成功させた凄腕です。経営スタイルは、徹底して雇用を守り、アメーバ経営というすご…

トヨタ自動車のキャッシュフロー分析

今回のキャッシュフロー分析はトヨタ自動車です。日本の時価総額ナンバーワン企業であり、自動車販売台数は世界のトップを走っています。企業規模だけでなく、営業利益率でも優良です。日本の製造業は1%〜5%の低い利益率に悩まされることが多いのですが、ト…

ザインエレクトロニクスのキャッシュフロー分析

今回のキャッシュフロー分析はザインエレクトロニクスです。この企業は、日本で初めて成功した半導体ベンチャーと言われております。ザインの半導体ビジネスの特徴の1つは工場を持たず、製造は台湾の企業に完全に委託していることです。自社では回路設計に…

大正製薬のキャッシュフロー分析

今回のキャッシュフロー分析は大正製薬です。鷲のワークでお馴染みで、代表的な商品は、リポビタンDやパブロン、コーラック等、大衆向けの薬品が主力となっております。テレビコマーシャルをうまく使って、消費者の心をうまく掴んでる企業だなという印象があ…

SANKYOのキャッシュフロー分析

今回のキャッシュフロー分析はSANKYOです。パチンコ台のメーカーとして有名な企業です。パチンコはどこからどう見てもギャンブルです。実は日本という国は、競馬場とか競輪場とかの公営企業にしかギャンブルは許可しておらず、公然と民間企業が営業している…

オリンパスのキャッシュフロー分析

今回はオリンパスのキャッシュフローを分析します。オリンパスは2011年の8月に粉飾決算が明るみに出て、大きな話題を呼びました。 オリンパス事件 - Wikipedia 内容を見てみると、バブルのころの有価証券投資での損失を20年にもわたって隠ぺい。2008年にダミ…

コマツのキャッシュフロー分析

今回のキャッシュフロー分析はコマツです。建設機械メーカーの有力企業であり、VOCからヒントを得て、ITを建機に取り込んだことで大きく業績を伸ばしたことで有名です。近年は中国経済の失速を受け、株価は下落傾向にあります。 まずは、キャッシュフロー計…

キヤノンのキャッシュフロー分析

今回のキャッシュフロー分析はキヤノンです。この企業の経営者である御手洗富士夫氏は他企業に先駆けて「キャッシュフロー経営」を言い出したことで有名です。もともと財務部門か何かの出身であり、大企業では少ない数字の分かる経営者です。また、キヤノン…

日立製作所のキャッシュフロー分析

第六回のキャッシュフロー分析は日立です。東芝が経営危機を迎える中、対比として日立が持ち出されていますが、そんなに良い企業なのか?と思っていたので、分析することにしました。まずはキャッシュフロー計算書のまとめたものを下表に示します。 ほとんど…

東芝のキャッシュフロー分析

三菱商事のキャッシュフロー分析 - ランダムウォーカーの雑感 信越化学のキャッシュフロー分析 - ランダムウォーカーの雑感 アイシン精機のキャッシュフロー分析 - ランダムウォーカーの雑感 ビオフェルミン製薬のキャッシュフロー分析 - ランダムウォーカー…

ビオフェルミン製薬のキャッシュフロー分析

三菱商事のキャッシュフロー分析 - ランダムウォーカーの雑感 信越化学のキャッシュフロー分析 - ランダムウォーカーの雑感 アイシン精機のキャッシュフロー分析 - ランダムウォーカーの雑感 第四回のキャッシュフロー分析はビオフェルミン製薬です。著者は…

アイシン精機のキャッシュフロー分析

監査のあり方 - ランダムウォーカーの雑感 三菱商事のキャッシュフロー分析 - ランダムウォーカーの雑感 信越化学のキャッシュフロー分析 - ランダムウォーカーの雑感 キャッシュフロー分析の第三回目はアイシン精機。この企業の株は今年の夏に取得した。ま…

信越化学のキャッシュフロー分析

監査のあり方 - ランダムウォーカーの雑感 三菱商事のキャッシュフロー分析 - ランダムウォーカーの雑感 前回は三菱商事のキャッシュフロー計算書を分析し、営業黒字ながらキャッシュフロー的にはマイナス成長していることが分かった。他の保有株でも問題無…

三菱商事のキャッシュフロー分析

監査のあり方 - ランダムウォーカーの雑感 前回の日記で不正会計から自分を守る為にはキャッシュフロー計算書を読み込むことが大事だと書いた。そこで三菱商事のキャッシュフロー計算書を改めて読んでみた。まとめたのが下の表である。単位は100万円だ。尚、…

VAIOのディスプレイの明るさ調節問題

VAIOを使っているのだが、ディスプレイの明るさが暗く、見にくくて仕様がなかった。Fn+F5/F6で明るさを調節するものの、数秒でもとに戻ってしまう。ネットで調べてようやく解決したが、相当イライラしたので、同じ悩みを抱えた人がすぐに解決できるようにポ…

監査のあり方

【主張】東芝不正会計 市場守る監査に立ち返れ(1/2ページ) - 産経ニュース 投資家として、この事件は衝撃が大きかった。監査法人にとって監査対象は顧客であり、企業の要求に応じ、営業利益の水増しを容易に行うことができる。また、東芝だけでなく多くの…

中年フリーター問題

中年フリーターの「老後破産」で生活保護費が5倍に いま政治家が取り組むべきは「中年フリーター対策」だ (デイリー新潮) - Yahoo!ニュース働きたくても働けないという人と、地方創生と結びつけられないものか。既に取り組みは行われているが何故上手くい…

トランプ氏

いまなぜドナルド・トランプなのか? 暴言・失言によって逆に支持率アップ…その裏側とは|政治・選挙プラットフォーム【政治山】この人が支持されるようになり、怖い世の中だなぁと思った。イスラム教を一括りにダメと見なすなど、まさに謂れのない差別では…

GPIFでの株運用

「7〜9月期の年金運用7.9兆円の赤字、四半期で最大」 News i - TBSの動画ニュースサイト株を買ったら下がるのは当たり前。ハイリターンである以上、ある時期に損失が出るのは仕方ない。こんな当たり前のネタで煽るなんて、メディアは頭が悪いのだろうか…

シャープ自製品購入に関して

苦境シャープ「自社製品購入」はノルマじゃない? 公式ツイッターも「思うことはある...超ある」とつぶやいた : J-CASTニュースシャープでは無いが同じように大手メーカーに働く身として。5万円程度の購入くらい負担してやれば?と思わなくもない。シャープ…